読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農場

耕せ

4月30日ルール改訂について雑感

ルール改訂点

  1. Gゾーンの最大枚数が16枚に増加
  2. Gガーディアンの追加

詳しい内容は公式ページを参照してどうぞ。

http://cf-vanguard.com/information/g_guardian/

 

戦略が大きく変化

今回のルール改定で、戦略が大きく変わった。主に

  1. 先行G3先乗り強化
  2. ガード値把握が複雑化
  3. Gゾーンの選択肢が増加

の3点。 

1.先行G3先乗り強化

G2止め戦略のメリットから。

  • 初回超越権を手にすることが出来る
  • 上に付随して先にGペルソナを使える

G2止め戦略は、双闘システムが導入されてから認識されるようになった。超越システムはその有効性が更に顕著になった。

Gガーディアンが導入されたことで一回超越を挟むことなく、初回超越から強力なGペルソナを利用することができるようになった。これにより、今まで不利だった先行G3先乗りをしても、ゲームのテンポを取りやすくなった。また、エアーエレメンタルシブリーズが登場したことにより、G2止めを行う相手にプレッシャーをかけやすくなった。

2.ガード値把握が複雑化

治トリガーが15札、もしくは20k札に化けるので正確なガード値を把握することが難しくなる。守護者はもちろんのこと、これからはヒールの枚数にも気を配る必要がある。

 

3.Gゾーンの選択肢が増加

Gゾーンの最大枚数が8枚から16枚に増加したことにより、より柔軟な戦略をとることが出来るようになった。また、Gゾーンの枚数制限で泣く泣く採用を見送られたユニットたち(ラグナクロック、ルートフレア、ビッククランチ等々)を入れることが出来るようになった。この変更によって

といった優秀なGペルソナを複数持つクランは恩恵を受けるだろう。

 

感想

双闘システムが始まって以来、先行双闘や先行超越の爆発力で手札が吹き飛ばされ、その後、ジリ貧になり、何も出来ず負けるというケースが少なからずあった。Gガーディアンはそういった問題や治トリガーの素引き問題を上手く解決するいい方法だと素直に思った。今回のルール変更で、劇的に強化されたデッキは無いが、超越軸が総じて強化された。ヴァンガ祭以降どうなるか楽しみ。

 

余談

Gガーディアンはエクスタイガーとかスピアワロスといった枚数参照するユニットの強化にもなっている。